極限環境微生物学会 トップページ

開催案内

参加申込

プログラム


技術コーナー




要旨ダウンロード

 


シンポジウム

極限環境生物学会 第11回シンポジウム
 「極限環境適応の分子・ゲノム・システム基盤」

日時:2010年6月4日(金)13:00〜17:00
          (17:30〜19:30(懇親会))

場所:産業技術総合研究所 つくばセンター 第1事業所
    共用講堂2階 大会議室

交通:つくばエクスプレス つくば駅よりバス
   または東京駅八重洲南口発 常盤高速バスつくば号 
      並木2丁目下車徒歩5分
   


プログラム(敬称略)


13:00-13:05 開会の挨拶
13:05-13:40

大河内美奈(名古屋大学大学院 工学研究科)

HP
講演タイトル 超好熱性古細菌由来プレフォルディンの機能解析とその利用

13:40-14:15

白木賢太郎(筑波大学大学院 数理物質科学研究科)

HP
講演タイトル 溶液添加剤を用いる難溶性分子の分散法

14:15-14:50


コルネット・リシャー(農業生物資源機構 乾燥耐性研究ユニット)

HP

講演タイトル 驚異の昆虫・ネムリユスリカ:その乾燥耐性の分子基盤

14:50〜15:10 コーヒーブレイク

15:10-15:45


片山俊明(東京大学 医科学研究所)

HP クマムシプロジェクトHPへ

講演タイトル ヨコヅナクマムシのゲノム解読とトランスクリプトーム解析

15:45-16:20
小山純弘(海洋研究開発機構 海洋・極限環境生物圏領域)

HP
講演タイトル 深海生物の分子細胞生物学 -深海生物捕獲飼育装置の開発から細胞株樹立にいたるまでの研究-

16:20-16:55


阪口利文(県立広島大学 生命環境学部)

HP

講演タイトル 海洋微生物によるセレン・テルル回収の可能性



1655-17:00 閉会挨拶

17:30-19:30 懇親会(共用講堂1階ホワイエ)


問い合わせ先 宮崎健太郎(産業技術総合研究所・シンポジウム委員長)
miyazaki-kentaro(at)aist.go.jp



 
(C) Kyokugen Seibutu Gakkai, Organization all rights reserved.