極限環境微生物学会 トップページ
研究奨励賞応募

開催要領


発表申込
 9/25まで
参加申込
 10/23まで
プログラム

技術コーナー
   
講演要旨DL

閲覧には
パスワードが
必要です
年会報告/賞
 




極限環境生物学会第16回年会報告

第16回年会は、11月8-9日(日月)に東京海洋大学品川キャンパス(東京都港区港南4−5−7)・白鷹館、楽水会館を会場に開催されました。当日は、多くの会員・非会員の皆様にご参集いただき、口頭発表23件、ポスター発表46件(昨年:口頭発表19件、ポスター発表88件)の一般発表の他、東京海洋大学年会会長の石田真巳先生の企画による東京海洋大学セッションでは、魚類の生殖細胞移植、福島県沖の放射性物質、酸性環境を中和するアルカリ化酵母に関するテーマで3名の海洋大学教員によるセッションを開催し、また、大会2日目の昼には、バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社によるランチョンセミナー、また、午後には学会奨励賞受賞講演1件と合わせて大変盛りだくさんな会となりました。この他にも今回初めて小学生たちによるポスター発表に対して「ポスター賞特別奨励賞」が授与されました。参加者合計は211名(昨年:176名、内訳は以下の表)となりました。年会のお世話をいただきました東京海洋大学・石田真巳先生を始めとした東京海洋大学の皆様、および、ご尽力くださいました皆様に感謝申し上げるとともに、当日ご参加いただいた皆様方に事務局一同心より感謝申し上げます。

今年度:参加者合計211名

事前申し込み人数

当日申し込み人数

合計

一般

91

(会員84、非会員7)

26

(会員10、非会員16)

117

(会員94、非会員23)

学生

66

(会員31、非会員35)

28

(会員0、非会員28)

94

(会員31、非会員63)

総計

157

(会員115、非会員42)

54

(会員10、非会員44)

211

(会員125、非会員86)

今回は、企業等技術コーナーには以下の7社にご参加いただきまし た。また、企業広告として2社からの企業広告を受けました。

企業等技術コーナー
・ 株式会社トミー精工
・ 株式会社ファスマック
・ シスメックス株式会社
・ タイテック株式会社
・ バイオツールズ株式会社
・ バイオ・ラッドラボラトリーズ株式会社
・ ユーロフィンジェノミクス株式会社

企業広告
・ 株式会社ファスマック(要旨集広告)
・ バイオ・ラッドラボラトリーズ株式会社(要旨集広告)

学会事務局より、年会へのご協力に関して心より感謝申し上げます。

年会・発表会場風景

正門付近の案内

講演会場内の風景

ポスター会場の風景(大変盛況でした。)

企業展示コーナーの風景

年会初日の懇親会での公演シーン

小学生による優秀なポスター発表に対して『ポスター賞特別奨励賞』が授与されました。

大会2日目昼に開かれたランチョンセミナーでは、バイオ・ラッドラボラトリーズの水谷伸氏、山本謙治氏に講師を務めていただきました。

閉会の挨拶を頂いた亀倉先生からは極限環境微生物とダーウィンの意外なお話を伺うことが出来ました。

【東京海洋大学セッション】

東京海洋大学セッションは、年会参加者からも関心を持っていただけるテーマを企画いたしました。東京海洋大学の先生方により、魚類の生殖細胞移植、福島県沖の放射性物質、酸性環境を中和するアルカリ化酵母に関する内容でご講演を頂きました。東京海洋大学で行われている最前線の研究が感じられた素晴らしいセッションでした。講演された講師の先生方には、貴重なお話をしていただき感謝申し上げます。東京海洋大学の益々の発展を祈念いたしております。 

東京海洋大学セッション 座長:石田真巳(東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科)

『魚類の生殖細胞移植:サバからマグロは生まれるか?』

  吉崎 悟朗(東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科)

『福島沿岸海域および海洋生態系の放射性核種動態』

  神田 穣太(東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科)

『強酸性水圏から単離したアルカリ化酵母』

  浦野  直人(東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科)


2015年度・極限環境生物学会・研究奨励賞】

2015年度の学会奨励賞は以下のように決定し、大会2日目に受賞記念講演を行っていただきました。

・佐藤 喬章(京都大学大学院・工学研究科)

「超好熱性アーキアにおける新規ペントース代謝経路の同定」

今回のご受賞大変におめでとうございました。今後のご活躍を祈念しております。

学会奨励賞授与式

名誉会員証授与式2013年度から新設されました名誉会員の第2回会員証授与式が行われました。今年度は学会発足当初から現在まで長年に渡り当学会の発展に尽力くださっている工藤俊章副会長が名誉会員に選出されました。授与式には、工藤俊章先生が出席してくださいました。

名誉会員になられた工藤先生と大島会長


【優秀ポスター賞】

優秀ポスター賞は、審査員による厳正な審査の結果、以下の5名の方々が受賞されました。若手の皆様の今後のご活躍を祈念しております。

P-05 橘瑞奈(京都大学大学院 地球環境学舎 環境マネジメント専攻)培養好熱性アーキアで発見されたユビキチンシステムの in vitro 再構成系の構築

P-07 杉山啓(東京大学大学院工学系研究科)クレンアーキアに見出された新規tRNA 修飾の化学構造決定および tRNA 立体構造に与える効果の解明

P-09 青野陸(京都大学大学院 工学研究科)ペントースビスリン酸経路:アーキアにおけるヌクレオシド分解機構

P-21 鈴木 芳代(日本原子力研究開発機構・量子ビーム応用研究センター)線虫の運動機能に対する放射線の影響

P-37  今澤 陸(東洋大学大学院生命科学研究科)Bacillus trypoxylicola が持つ新規べん毛モーター固定子遺伝子の同定と機能解析

大島会長(右)と優秀ポスター賞受賞者






 
(C) Kyokugen Biseibutu Gakkai, Organization all rights reserved.