極限環境微生物学会 トップページ
 


2008年のお知らせ情報


平成20年度のシンポジウムが開催されました。
皆様のご参加ありがとうございました。

シンポジウム要旨は、学会誌7巻1号に掲載されています。

シンポジウムプログラム
技術コーナーの出展、ならびに要旨への広告掲載


学会誌 第7巻1号 が掲載されました。
 学会誌 のページをご覧ください。

また、学会誌 第5巻をフリー化しました。






求人情報:日本原子力研究開発機構 平成20年度特別研究生の募集のおしらせ


求人情報:平成21年度日本原子力研究開発機構博士研究員募集のお知らせ

日本原子力研究開発機構・バイオ応用技術研究ユニット・量子ビーム遺伝子資源研究グループでは「量子ビームを用いた微生物の有用遺伝子資源創成」に従事する平成21年度博士研究員を募集しています。詳しくは、原子力機構のホームページ
http://www.jaea.go.jp/saiyou/internship/internship07.html
をご覧下さい。申請書などのダウンロードが可能です。

応募資格:健康な博士号取得者(採用日までに取得見込みの者を含む)であり、研究を自主的に遂行する意志のある学位取得後8年以内の方。
応募締切:平成20年9月12日(金)

お問い合わせは、日本原子力研究開発機構・量子ビーム遺伝子資源研究グループ
担当 鳴海一成
Tel 027-346-9540
narumi.issei (at) jaea.go.jp
『 (at)を@に変えてお使いください。』

平成21年度研究船利用公募課題の募集について

独立行政法人海洋研究開発機構では、平成20年に2月に制定した「海と地球の研究5ヶ年指針」に基づく研究の推進を行うため、所有する研究船「みらい」、「なつしま」、「よこすか」、「かいれい」等を利用する課題を募集いたします。
募集期間は平成20年6月26日〜7月22日までの約1ヶ月間です。
詳しくはウェブサイト(http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/maritec/2009_koubo/) をご覧ください。







関東
アストロバイオロジーワークショップが、2008年12月20日(土)13:00より湘南国際村センターにて開催されます。詳しくはこちら→ここからお申し込み下さい


関東
サイエンスアゴラ2008 シンポジウム「宇宙をわたる生命2008」が、2009年11月24日に日本科学未来館 みらいCANホール (7階)にて開催されます。詳しくはこちら→http://scienceportal.jp/scienceagora/agora2008/081124.html


韓国プザン
アジアパシフィック海洋バイオテクノロジー会議(APMBC-8)が、11月12日〜15日に、韓国・釜山の地にて開催されます。詳しくは、こちらへ(pdfダウンロード)。
URL: http://www.apmbc2008.org/



南アフリカ
極限環境生物国際会議(Extremophiles2008)が2008年9月7日(日)〜11日(木)に南アフリカのケープタウンで開催されます。詳しくは下記URLをご覧ください。



南アフリカ
We are also looking forward to two very interesting conferences. The International Congress on Extremophiles 2008 (http://www.extremophiles2008.org.za/) will be organized by Don Cowan and his team in collaboration with the ISE. This conference, which will also include the ISE general meeting will be held from September 7 to 11, 2008 in Cape Town, South Africa. The 4th International Congress on Biocatalysis (biocat2008) is one of the leading conference in biocatalysis integrating the know-how of well acknowledged biologists, biochemists, chemists and engineers from academia and industry. This meeting will be held from August 31 to September 4, 2008 in Hamburg, Germany (http://www.biocat2008.de).

Garo Antranikian
-ISE President-





沖縄
第21回日本Archaea研究会講演会が、平成20年7月5日(土)、6日(日)に沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」(那覇市内)会議室で開催されます。詳しくはこちらをご覧ください。





関東
Blue Earth '08 (第24回 しんかいシンポジウム・第11回 みらいシンポジウム)が平成20年3月13日(木)、14日(金) に横浜市立大学金沢八景キャンパス  (交通アクセス)で開催されます。くわしくは
http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/maritec/rvod/blue_earth/2008/index.html
をご覧ください。





関東
International Symposium on Environmental Microbiology
"How do microbes control the nutrient cycling in anaerobic environments?"
「嫌気環境下の微生物による物質循環」
http://iage.biol.metro-u.ac.jp/tmu-bio-sympo/index.html
Tokyo Metropolitan University, Japan
February 28-29, 2008


関東
日本地球惑星科学連合2008年大会
国際セッション「Extremophiles: Implications and Applications forAstrobiology (極限環境生物学を用いた宇宙生物学的研究)」
http://www.jpgu.org/meeting/index.htm
幕張メッセ国際会議場 5月25日(日)-5月30日(金)
セッション情報P222はこちらをご覧ください。







 
(C) Kyokugen Biseibutu Gakkai, Organization all rights reserved.